ブラジリアンワックスで本当に脱毛ができる?

ブラジリアンワックスで本当に脱毛ができる?

ブラジリアンワックスとは脱毛したい箇所に温めた脱毛専用のワックス剤を塗布し時間が経過すると固まり、それを剥がすと一緒に気になるムダ毛も除去されるというものです。

専用の高価な美容機器やエステティシャンのような特殊な技能も必要とせず、家庭でも比較的安全かつお手軽に毛根からしっかりとした処理ができ、再びムダ毛が蘇って来るのを抑止できる脱毛方法として大きな注目を集めています。

名称の由来には諸説ありますが、ブラジルのリオのカーニバルに参加する女性がセクシーな衣装を身につけるための身だしなみとしてアンダーヘアを処理する目的で行われたのが発祥だと言われています。

その後、欧米の脱毛ブームの中で商品化された際にブラジリアンワックスという商品名が付けられ、現在では世界中に普及しました。

かつてはミツロウや松ヤニなどが主成分に使用されていましたが、昨今ではお肌に優しくムダ毛を柔らかくして抜けやすくするような薬剤が混合されている製品も登場しています。

近年では男女問わず脱毛して清潔感を保ちたい方が増えていることもあり、現代流のアレンジが加えられて蘇ったブラジリアンワックスは性別に関係なくさまざまな部位の脱毛に広く利用されています。

ブラジリアンワックスにはどんな商品があるの?

ブラジリアンワックスにはどんな商品があるの?

ブラジリアンワックスには、使用されている成分によって主に水性ワックスと油性ワックスの2種類があります。

水性ワックスには砂糖をつかったシュガーワックスやハチミツを使ったハニーワックスがあり、古来からのお肌に優しい自然由来の素材で出来ており、高い安全性を持っているのが特徴です。

一方の油性ワックスは松やになど樹木の樹液から生成されたロジンを主成分に作られていますが、松やにアレルギーがある方のために新素材のロジンも登場しました。

水性ワックスと比較して強力にくっつくのでムダ毛をしっかりと処理できますが、お肌の弱い方にとっては負担になることもあるため水性の方がおすすめです。

さらに製品の形態によって細分化され、塗布後にしっかりと固まるハードワックスと、固まり具合が柔らかくデリケートゾーンやあまり濃くない毛の脱毛に向いているソフトワックスがあります。

また、カレーのルーのようになっており使用時に熱を与えて溶かして使用する固形ワックスや、既にリキッド状や液状になって販売されているオイルワックスもすぐに使いたい時には便利です。

他にも良い香りのする成分や毛を柔らかくして抜けやすくしてくれる成分、お肌をケアしてくれる美容成分が含まれているもの、男性用や女性用、脚用、デリケートゾーン用など使用する部位が指定されているなど多様な製品があります。

ブラジリアンワックスを使って脱毛してみた結果

ブラジリアンワックスを使って脱毛してみた結果

腕や脚な服装によっては露出する箇所のムダ毛が気になり、早速ブラジリアンワックスによる脱毛を試してみました。

まずはシャワーを浴びて清潔にしてから取り扱い説明書の指示に従ってブラジリアンワックスをレンジで温めて柔らかくしてから付属のヘラで気になる箇所に塗布していきます。

塗布する際のコツは押し込むように塗ることで毛根の奥までワックスが入り込むことで、根元からしっかりと処理できる可能性が高くなります。

丁寧に塗布したら数分待って乾かし、頃合を見計らって付属のシートを当ててから毛の生えている方向と逆方向に向かって一気にシートを剥がしていきます。

当初は痛みを懸念していましたが、ほんの一瞬ぴりっとする程度で慣れて来ればさほど気にならなくなります。

最初の1回では全ての毛を取り除くことができなかった場合には同じ手順を繰返して行いますが、2回目でほぼ全ての毛をしっかり脱毛することができます。

ここで忘れてはならないのがアフターケアで、ブラジリアンワックスを使用した直後は毛穴が開いて刺激に弱い状態となっているため、鎮静効果のある化粧水やアフターシェーブローションなどを塗布します。

このようにブラジリアンワックスを使って脱毛してみた結果、数週間後にチェックしてもムダ毛の復活は無く大満足の仕上がりです。

ブラジリアンワックスは本格的な脱毛をエステなどには通わず、自宅で気軽に行いたい方におすすめの方法です。