海外のビーチへ行くなら美白対策は必須

海外のビーチへ行くなら美白対策は必須

ビーチに行くには日焼け止めは必須です。

たとえ曇り空でもビーチは街とは異なり紫外線を遮るような建物は一切ないことがほとんどですし、オゾン層の破壊などの環境問題が影響していることもあり、紫外線はとても強いです。

また、海外の紫外線は日本のビーチの紫外線よりも強いことがほとんどなので気を付けなければなりません。

ただ肌を焼いてしまったという被害だけでなく、そのまま無防備なまま肌を焼いてしまうことで皮膚がんになってしまうこともあるでしょう。

ですから、健康のためにも紫外線対策として美白対策も必要です。

強い紫外線による日焼けはシミを増やしてしまいますし、そうした紫外線を浴びることによってできてしまったシミというのはセルフケアでは完全に消せないものです。

また、人の肌というのは環境に適応できるようにできているので、南国の紫外線が強い地域で住んでいる人々に対して、日本人の肌はそれほど強い紫外線に適応できないということもあります。

ですから、日本の紫外線に慣れているからといって海外の紫外線も大丈夫だと思わないようにすることが必要です。

海外の紫外線は日本とは比じゃないということも覚えておくようにして出かけていくようにもしましょう。

日焼け止めを塗るだけではダメ?日焼け止め以外の紫外線対策方法

日焼け止めを塗るだけではダメ?日焼け止め以外の紫外線対策方法

そして、紫外線対策というと日焼け止めを塗ることを頭に思い浮かべる人もいますが、日焼け止めを塗るだけでは十分ではなく、日焼け止め以外の紫外線対策も取り入れていくことが大事です。

肌につけて使うものだけでなく、飲んで日焼け止め対策をする日焼け止めサプリなどもあるので利用していきましょう。

また、日焼け止めも含まれている成分が海に生息しているサンゴに良くなく、海外では塗るタイプの日焼け止めは禁止されているということもあるので注意です。

塗って使う日焼け止めを使うにしても、環境に優しいものを使うようにしましょう。

そして、肌を出来るだけ紫外線に浴びせないようにラッシュガードなども着ることが大事です。

着て肌を守る、飲んで紫外線から肌を守るなどの対策もしましょう。

また、海に入らない時は日傘をさしたりテントの中にいたりと、できるだけ紫外線を避けるようにもしましょう。

何も紫外線を遮るものがないような状態であっても、手持ちのバスタオルなどで紫外線対策をすることは可能です。

大きなタオルは汗を拭いたり濡れた体をふき取るにも最適ですが、紫外線予防にもなるので海外のビーチに行くときは持っていくようにしておくととても便利なものです。

もしうっかり日焼けしてしまった時の対処法

もしうっかり日焼けしてしまった時の対処法

きちんと日焼け対策をしていても、うっかり日焼けをしてしまう時というのはあるものです。

一度浴びてしまった紫外線というのはなしには出来ませんから、もしたくさんの紫外線を浴びたのであればすぐに日焼けした部分を冷やすようにもしてみましょう。

冷やすことが出来れば、黒くなったりするのを多少は防ぐことができます。

ちなみに、肌を焼いてしまった日の夜は夜寝る時にパックをするようにしても良いです。

美白成分と保湿成分を夜寝ている間に補うことができるので、日焼けしてしまった後の肌を悪化させないようにもすることができます。

また、ビタミンCはシミ予防にも良いので、ビタミンC成分入りの化粧水を使ったり、ビタミンC入りの食べ物を食べるようにしてみても良いです。

そうすることによって、日焼けによる肌の被害も最低限にすることができるでしょう。

日焼けをしてしまった時だけでなく、肌ケアはずっと継続させていくことが必要です。

ですから、シミ対策のスキンケアなどは、日焼けしている・していないに関わらず、ずっと続けていくようにしましょう。

継続していく事でアンチエイジングにもなりますし、紫外線に負けないシミもできにくい強い肌にしていくことも出来ます。